スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

2002年公開。

後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの青年時代、パドメとの禁じられた愛を描く。シリーズで唯一の恋愛映画。

1977年の第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の台詞にも登場した「クローン戦争」を描いた。また、この作品からヨーダは全てCGで表現されるようになり、本当の生き物のようにリアルになった。
本作もエピソード5と同じく本編そのものは話が途中のまま終了するという形が取られた。

ナイトクラブのシーンと、ジェダイの図書館でオビ=ワン・ケノービが惑星カミーノの情報を探しているシーンに、それぞれジョージ・ルーカスの娘と息子が登場している。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。