スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

1999年公開。
スター・ウォーズシリーズの4番目に発表された映画。
前作から16年ぶりに製作された。

ジョージ・ルーカスにとっては「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」のあと監督業から撤退して以来、22年ぶりの監督作。

タイトルの意味は「見えざる脅威」であるが、全シリーズ中唯一原題がそのまま邦題となっている。

後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年時代を描いたエピソードで、悪役として後の銀河皇帝ダース・シディアスやその弟子のダース・モールが登場。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。